桑原木材の注文住宅 完全自由設計「木だわり」

HOME > 注文住宅 > 完全自由設計「木だわり」

完全自由設計「木だわり」

完全自由設計「木だわり」

完全自由設計の家 ~快適で安らげる家~

家族が快適に過ごし安らぎを求める場。
それが住まいです。
現在・将来のライフスタイルや、家への想い。
想い描いてきた事などなど、自由に希望や夢をお話し下さい。

桑原木材で設計する建物では、家族の絆と団らんの時間を重視しながらも、程よくプライバシーを確保できる住まいを目指しています。

住宅建築における木へのこだわり
~木の癒しを最大限に~

私たちは、暮らしのベースである住宅にも木へのこだわりを貫いています。
それは日本の住環境や家族のライフスタイルにも合わせて、風通しや採光、木のぬくもりや、薫りによるリラックス効果などで、家族とともに生活してゆける住空間を提供したいと考えています。

~多種多様の自然素材を用いた妥協なき住空間を~

桑原木材では、多種多様な無垢材や塗り壁などあらゆる自然素材を豊富に選別・採用していき、
木のスペシャリストである私達自身が住みたいと思えるような妥協なき住空間を創り上げます。

桑原木材の考える「家」のあるべき姿

1.「安全に暮らせる家であること」

木の持つ特質を生かした上で、耐力面材により建物の剛性を確保して設計し、基礎・柱・横架材・接合部など構造に関わるチェックを厳しく行い、安全に暮らせる住まいを実現します。

基 礎

耐久性に優れたベタ基礎の採用。
安心を追求するための強いこだわり。

不同沈下を起こしにくい鉄筋コンクリートベタ基礎を標準採用。
さらに、地盤の安全性を確認するために、地盤調査を全棟実施します。

構 造

伝統j的な在来軸組工法を採用。
日本の風土に合った住まいを実施。

構造材は、柱・土台に東濃桧、梁・桁にダグラスファー(米松)を使用し日本の風土に合った住まいづくりを実現します。

工 法

強度と健康・環境に配慮。
ダイライトパネルを採用。

鉱物繊維と火山ガラス質を原材料とする耐力面材ダイライトを採用。さらに壁内結露を防ぐ外壁通気工法により強度の高い住まいを実現します。

2.「永く安心して住むことのできる家であること」

築1300年以上を経ても、その美しい姿を
誇る法隆寺などのように、木の建物は丈夫で長持ちします。
時と共に深みを増す木目、木肌。
経年変化は、無垢の木ならではの楽しみです。
暮らす人と木の味わいが調和する、
それが木の住まいの魅力となります。

3.「快適に暮らせる家であること」

呼吸に似た「自然素材の調湿効果」。湿度が高い場合には木が湿気を吸収し、湿度が低く乾燥する場合には木が湿気を吐き出す、その天然のエアコン作用が結露を防止し、住まいを快適に保ちます。
通気性が良く、結露が発生しにくく設計された木の住まいであれば、構造材の腐朽やダニ・カビの発生が抑えられ、健康的な住空間を保つことができます。

4.「家族が仲良くなる家であること」

家族が毎日快適に過ごす場、それが住まいです。
家族をつなぐ温かい住空間と時間(とき)を守り育てていくために、木の温もりを取り入れ、家族の絆と暮らしやすさを追求したプランニングをお届けします。

3.「快適に暮らせる家であること」

桑原木材のつくる家は、外壁面や床下、屋根裏に断熱材を施し全室ペアガラスの採用で高断熱仕様。
夏場のクーラー効果や冬場の暖房効果が高まることで消費電力が抑えられ快適な省エネルギー住宅を実現します。

桑原木材は木に心を込め家に心を込め、長く快適に過ごせる家づくりをこれからもこの地で行ってまいります。

▲ページの上に戻る